不動産投資で一棟経営する方法|失敗するリスクを回避

空き家がある場合

貯金箱

家を貸し出すとき

何かの都合で家を空けなければならなくなったとき、その家を一定の期間だけほかの人に貸すことをリロケーションといいます。この期間が終わればまた元の家に帰ってくることができ、その間の家賃を自分の収入とすることができます。また空き家にしている間の家の管理もその貸した人に任せることができるので、家を離れている時も心配事が少なくなります。借家に関しては、借地借家法と呼ばれる法制度により、どうしても貸し出す側ではなく借主側の保護が手厚くなっている現状がありました。しかし、それに対抗するカウンターとして定期借家契約が作られ、これによりリロケーションの需要も高まってきました。これにより家を貸し出す側が管理できる事柄も増え、空き家を貸す人たちも増えていきました。しかしリロケーションを行う定期借家契約では普通の借家契約よりも家賃の収入が少なくなるのが一般的なので、こういった点はリロケーションの注意点と言えるでしょう。実際にリロケーションを行う場合は専門の不動産業者や仲介会社に相談する必要があります。まず相談し、家賃敷金礼金などの条件を決め、そして契約を結びます。ここまでが終わったら入居者を募集します。入居者が決まったら賃貸借契約を結びます。これらがリロケーションを実際に行う場合の一般的な流れです。またリロケーションの管理を委託会社に任せる場合は手数料の支払いなども必要になります。価格は会社によって様々なので確認をとっておきましょう。