不動産投資で一棟経営する方法|失敗するリスクを回避

煩わしい業務が多いです

つみき

不動産投資で成功している人の中には賃貸管理を自分で行っている人もいます。自分で賃貸管理を行えば、管理料がかからないため、収益を改善することにはなりますが、不動産投資の初心者や不動産投資を副業として行っている人は不動産会社に委託した方が良いです。なぜならば、賃貸管理にかかる業務はかなり煩わしいからです。賃貸管理にはいろいろな業務があります。空室になってしまった場合に次の入居者を見つけるための入居者募集や、賃貸中の物件でトラブルが起きた場合の対応、入居者が退去した場合の敷金の清算やクリーニングの手配等です。これらの事を自ら行おうとするのであれば、自分の都合に合わせて入居希望者や賃借人は動いてはくれないので、日中も休日も対応できるような体制をとっておかなければなりません。また、賃貸管理のノウハウを持った不動産会社に任せることで不動産投資の成果が上がることもあります。大家である自分は投資にのみ専念し、賃貸管理は専業としている不動産会社にお任せすると割り切りましょう。賃貸管理を委託したことで空いた時間は、次の投資候補となる中古ワンルームマンションや1棟アパートを探す時間に充てることができます。なお、賃貸管理を行っている不動産会社は数多くあります。安易に委託するのではなく、その不動産会社の実績や提案力をしっかりと確認したうえで委託先を決めましょう。優良な不動産会社であれば、賃貸管理に関してオーナーが手掛けることはほとんどなくなります。