不動産投資で一棟経営する方法|失敗するリスクを回避

人気の投資を行う

集合住宅

投資法を考える

マンション経営をする時は、事前のデータ分析が大切です。不動産に関する詳細かつ多角的な調査のことをデュー・デリジェンスと呼んでいます。不動産のデータ化が進むにつれて、デュー・デリジェンスは不動産取引で活用されることが多くなっています。こうした調査によって、土地状況のことがよく分かります。デュー・デリジェンスの調査項目として、土地状況調査や建物状況調査などがあります。土地状況調査では、地質や地盤や埋蔵文化財や地下埋蔵物に関する調査などが行われます。建物状況調査では、修繕・更新費用の算出や建物耐震調査などが行われます。環境調査では、アスベストなどの建物有害物質含有調査や土壌・地下水などの汚染可能調査などが実施されます。こうしたデータを参考にして、マンション経営の判断を行うことで、より的確で確実性の高いマンション経営が可能になります。デュー・デリジェンス調査では、マーケット調査や不動産経営調査も行われます。個別的要因分析や建物賃貸収入に関するデータを参考にして、マンション経営の利益率を判断することもできます。不動産は個別性と地域性が強いので、いかに上手く調査するかがより大切です。各物件の個性を掴むことで、より効果的なマンション経営が可能となります。眺望の良い場所などは、ベランダをリフォームすることで、人気の物件となることもあります。物件の良いところを見つけて、それを強調することで、注目度の高い物件とすることができます。